シルク化粧品


シルク化粧品

シルクがなんでいいの?

その他のメニュー

初めてのお客様
冷えは万病のもと!?
冷え(低体温)と漢方
婦人病と漢方
生理痛と漢方
ダイエットと漢方
うつ病と漢方
アレルギーと漢方
アトピーと漢方
花粉症と漢方
シルクって?
シルク化粧品
お勧めの本の紹介
アムールビーン
アムールボーテ
アムールブリエ
アムールボヌール
ナチュライト
バイタルビューティーゲンキレイ
アムール伝言板
ご注文方法
お支払い・送料
特定商取引法に基づく表示
当店について
お問合せ
ききの温日記

シルクがなんでいいの?

シルクアミノ酸は肌を健やかに保つ成分の宝庫です。

皮膚を下から支える真皮には多くの水分を含むコラーゲンとエラスチンが存在していて、皮膚に張りとつやを与えています。
その細胞を構成しているのはアミノ酸なんですね。
アミノ酸が細胞に供給されることにより、ターンオーバーが活性化されます。
また、コラーゲンやエラスチンもアミノ酸から構成されています。
そのため、アミノ酸が細胞に供給されることにより、コラーゲン等の成長が促進されます。
真皮中のコラーゲンを増やして、弾力性のあるみずみずしい肌を保つには、アミノ酸を真皮の奥まで浸透させることが必要です。

シルクアミノ酸は、真皮の奥まで吸収されやすい「オリゴペプチドの状態(アミノ酸が数個結合した状態)」であるため、繊維芽細胞を活性化してコラーゲンの生成に直接はたらきかけます。




●

●






ご注意:このホームページの内容・画像等の転載、二次利用は固くお断りいたします。
(C)Copyright 2009 ANGLERSNET Co,.Ltd. All rights reserved.