低体温は怖いですね


冷え(低体温)と漢方

低体温について
低体温は怖いですね
内臓の温度
冷え症について

その他のメニュー

初めてのお客様
冷えは万病のもと!?
冷え(低体温)と漢方
婦人病と漢方
生理痛と漢方
ダイエットと漢方
うつ病と漢方
アレルギーと漢方
アトピーと漢方
花粉症と漢方
シルクって?
シルク化粧品
お勧めの本の紹介
アムールビーン
アムールボーテ
アムールブリエ
アムールボヌール
ナチュライト
バイタルビューティーゲンキレイ
アムール伝言板
ご注文方法
お支払い・送料
特定商取引法に基づく表示
当店について
お問合せ
ききの温日記

低体温は怖いですね

低体温になると、血行も悪くなり、免疫力も低下し、疲労やアレルギー、生活習慣病など多くの病気にかかりやすい状態になるといわれています。

また婦人科疾患(不妊や子宮内膜症、子宮筋腫など)等も、低体温や冷えと関係があるといわれていますよね。

本当に女性とは切っても切れない不調要素って感じです。

健康な人の体温は約36.5℃で、細胞の新陳代謝が活発で、健康で、免疫力も高く、ほとんど病気をしない状態を保つことができます。

ところが、低体温の人の体温は35℃台以下ぐらいで、この場合、新陳代謝が活発ではありません。

低体温だと、基礎代謝が低下するため、脂肪を燃焼しにくくなり、太りやすくなもなるそうです。

女性にとって嫌なことだらけ!!

また、体温が下がり、免疫力が低下すると、カゼなどの感染症・病気にかかりやすくなったり、花粉症などのアレルギー症状が出やすくなります。
さらに、低体温だと、免疫力が落ちることに加え、体温が35℃になるとガン細胞が活発になるともいわれています。

冷えは万病の元とは、よく言ったものですね。


2005%202008%206%20keitaikara%201040-s.jpg




ねこ面販売中
>>当店が運営する「ねこめん」販売サイト 猫大好きな方は是非どうぞ
- ねこめん(猫面) - 

ねこめん・猫面
- 幸せこいこい やってこい -
管理人が運営する別サイトです


- ききの温日記 - 

旬の華を、愛でる楽しみ... それも豊...続きを読む

気まぐれにゃんこは、のんびーり暮らしてい...続きを読む







ご注意:このホームページの内容・画像等の転載、二次利用は固くお断りいたします。
(C)Copyright 2009 ANGLERSNET Co,.Ltd. All rights reserved.