水毒症のいろいろ


花粉症と漢方

漢方的に診た花粉症は「水毒症」…でした。
花粉症とは
水毒症のいろいろ

その他のメニュー

初めてのお客様
冷えは万病のもと!?
冷え(低体温)と漢方
婦人病と漢方
生理痛と漢方
ダイエットと漢方
うつ病と漢方
アレルギーと漢方
アトピーと漢方
花粉症と漢方
シルクって?
シルク化粧品
お勧めの本の紹介
アムールビーン
アムールボーテ
アムールブリエ
アムールボヌール
ナチュライト
バイタルビューティーゲンキレイ
アムール伝言板
ご注文方法
お支払い・送料
特定商取引法に基づく表示
当店について
お問合せ
ききの温日記

水毒症のいろいろ

水毒症とは、身体の水分の代謝異常によって発生すると言われています。

よく“流水は腐らず”と申しますが、身体においても同じことが言えます。

飲食物から摂取した水分が体内に吸収され、滞ることなく全身をめぐって順調に排出されれば何の問題も生じないのです。

ところが、気候の変化や精神的ストレス、飲食面の現代の添加物等の様々な要因などによって水分代謝が影響を受け、体内のあちこちに水分が停滞し、「痰飲」、「水湿」、「水腫」などと呼ばれる種々の病症が発生するようになります。

水が病気の原因になるなどは一般には考えにくいことでしょうが、実際には水毒によって発生する症状は沢山あります。

なんと、水分が不足して発生する病気よりも、水分が体内に停滞して発生する病気の方がはるかに多いそうです。

水分の取ればいいというものではないのですね。

身体にとってなくてはならない大切なものですが、摂りすぎますと、問題が生じるということです。

それは、植木に水が必要だといっても水をやりすぎると根が腐る…
河川も溢れると洪水になります…
こういった自然の摂理が、身体の中でも同じようなことが発生するわけです。

身体四肢のむくみ、四肢関節の腫れと痛み、胃腸病、下痢、嘔吐、めまい、動悸、メニエル氏病、精神異常、高血圧、腎臓病、痛風、気管支喘息、アレルギー性鼻炎、痰、鼻水、膀胱炎、前立腺異常、おりもの、冷え、身体の重だるさ、頭重、胃中水分停滞、おしっこが出にくいなどは、そのほとんどが水分代謝異常によって引き起こされる“水毒症状”だそうです。



ねこ面販売中
>>当店が運営する「ねこめん」販売サイト 猫大好きな方は是非どうぞ
- ねこめん(猫面) - 

ねこめん・猫面
- 幸せこいこい やってこい -
管理人が運営する別サイトです


- ききの温日記 - 

旬の華を、愛でる楽しみ... それも豊...続きを読む

気まぐれにゃんこは、のんびーり暮らしてい...続きを読む







ご注意:このホームページの内容・画像等の転載、二次利用は固くお断りいたします。
(C)Copyright 2009 ANGLERSNET Co,.Ltd. All rights reserved.